日々の泡

アート中心の日々の出来事、雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエ響

は若いアーティスト平岡直生が主宰する八王子にある障害者対象のアートアトリエ。

展覧会にあわせて開かれたワークショップに招かれ、実施してきた。

2回目になる今回はグループワークによるコラージュ。
コラージュといってもオブジェも使うので、ほとんど箱庭状態。

なんだか、ほのぼのした空気感がよかったし、受講者よりもサポートしてくれる人たちのほうが多かった。

いろんな人たちが彼の活動を応援しているのがわかってうれしい。

障害を持った子供たちや親御さんたちも彼を、とっても信頼しているのが伝わってくる。

そんなことの積み重ねが、彼をアーティストとして成長させてくれるのだろうと思う。

物理的に作品を作ったり、発表するだけではないアートワークのあり方だ。

どんどん広い世界に出て行って変化していって欲しい。

展覧会も想像以上にしっかりした作品が並んでいた。
hibiki 007
hibiki 009

3週間あっっという間でした。

お忙しい中、観にきてくださった方々、どうもありがとうございます。

地中海ギャラリーはオープンハウス形式のギャラリーということもあり、初めての方は面食らったんじゃないかと思いますが、普通のギャラリーとは一味違うコミュニケーションができる貴重な場所だと考えています。

来年もいくつか企画考えているそうなのでまた足をお運びください。

来月は大阪の個展です。約10年ぶりの不二画廊。

関西で初めて企画の声をかけてくれた画廊なので、なつかしい気持ちでと感謝の気持ちで、展覧会に臨めそう。

fujigaroudm_convert_20081026132714.jpg


関西の濃い友人にたくさん会うことができそうで楽しみ。


秋の夜

疲れをとるのには好きな音楽を聴くのが一番。

でも気がつかないうちに趣味がどんどん渋くなっていることに気がついた。

もう何となく、トムウェイツでは物足りない。

だから、古いものばかり聞いている。ランディニューマン、Dr.ジョン、レナードコーエン、ウォーレンジボン、スティーブアール、ロス・ロボスなど、みな酔っ払いおじさんばかりだ。

でも、俺も酔っ払いおじさんだから、まっいいか。

*****
 
終了したAOBA+ARTのカタログ予約受付中です。

写真撮影ホンマタカシ、マンガを100%オレンジが担当したアートのカタログとしてはかなりユニークなものになっています。

ホンマタカシが撮影したドリーミングキューブはいい意味で、自分の作品じゃないように見えるな。

代官山の個展は今週の土曜日までです。

きてね。

来月は大阪で個展、東京とは作品変えようと思って制作中。

で、疲れ果てて夜中にビリーホリデー。

忙しい時は

WS画像 007


ますます忙しくなるもの。

アホのように、はいはいと言っているとスケジュールがどんどん埋まっていき、まずいなあと思ってももう変更できない。

そんな中でも恒例の川崎養護学校での自閉症児対象のワークショップ。

人数が多くて、ボランティアが足りなくなり、急遽うちのつれあいも参加、なおかつ彼女の友達まで参加。

そしたら、その友達のだんなさんが庭師していて、参加したA日ちゃんの彼氏、僕の友人でもある長崎剛志の大磯での庭のお披露目や、青葉台での展覧会も見てくれていたことが判明。

その二つのプレスとグラフィックを担当したTちゃんもWSに参加していたので感激していた。

それにしても、あまりに自分たちの動いている世界が狭いのではないかと感じてしまった。

けど、まあいいか。

子どもたちはホントいつもかわいい。

楽しく切ない一日



ARDAのプロジェクトで、まるまる2日間1年生から、5年生の子どもたちと西永福にある大宮児童館に壁画を描き、もうぐったり。

一日目はWS形式でアイディアだしから原画決定まで。
できるだけ、子どもたちの表現したいことを掬い取り形にする。

これが眩暈がするほど大変だった。
30秒話するだけで、すでに誰も聞いてないハイテンション状態。
声がかれて、拡声器を用意してもらって何とかつたえるが。

35人の子どものパワーはすごいけど、もう少しは人の話をきかないとなあ。(終わっても耳鳴りがしてる)

いつもそんな感じですと児童館の方はいってましたが・・。
小学校の先生はたいへんだ。

で、2日目はいよいよ壁画制作。全部で8面でこれまた大変。
絵具はたれる、養生ははがれる、絵具は足りなくなる。白がほしい、肌色がほしい、光らない黄金色がほしい(なんだそれ?)。


また、眩暈。

マイミクのmaki&BUTTYO☆に手伝ってもらって本当に助かる。

おかげで、いい作品も残すことができたし、子どもたちの親御さんも喜んでいました。

ありがとう!

終わってみれば、子どもたちやボランティアさんと仲良くなることもできた、子どもたちに「今度いつ来るの」聞かれれて、やってよかったと実感。
そしてちょっとせつない。

今度は保育園だ。
さまようワークショップアーティストになりつつある中津川です。

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

中津川浩章

中津川浩章

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。